title.jpg (45346 バイト)

長崎からの応援メッセージ大募集!!
[ From COACH ] [ リレー日記 ] [ マネズ便り ] [ 父母の会連絡帳 ] [ 掲示板 ]

1日目 8/09

 今年も菅平合宿が始まりました。選手・マネージャー・コーチ陣を乗せたバスは13:30頃無事に北高を出発しました。現在バスは長崎バイパスを抜け、長崎道を進んでいます。その後新門司から大阪南港までフェリーで移動することになります。今夜は船中泊です。(14:13)

 今新門司ICを降りました。これから名門大洋フェリーで大阪南港を目指します。(16:26)

  

  

 


8/9菅平合宿1日目
多くの方の御声援を受け菅平へ出発

  8/9は長崎原爆の日である。長崎北高校では平和集会が開かれ、11時2分には犠牲者の方々へ黙祷が捧げられました。
  午後1時30分、多くの保護者・関係者の方々のお見送りを受け部員を乗せたバスは長崎北高校を出発しました。最大の難所?である裏門を無事くぐりぬけ、一路北九州の新門司港を目指します。

去年は台風接近のため陸路での走破を選択せざるを得なかったが、今年は好天に恵まれ無事名門大洋フェリーにて大阪を目指すこととなりました。船の旅はいたって快適で、波が低い瀬戸内海を進んでいるためかほとんど揺れも無かったです。生徒たちも他の旅客に迷惑を掛ける事も無く、明日の試合に向け休養を取っていました。ただ、スタッフ・保護者は2Fロビーに集まっていた所を乗務員の方に「もう少しお静かに・・・」と注意されてしまいましたが。。

 

2日目 8/10

本日の試合
午後 横須賀高校(神奈川)

 おはようございます。バスは今朝5:30、無事大阪南港に到着しました。バスは阪神高速を経て、名神高速を進んでいます。選手・マネズはみな朝早い為かお休み中です。

これから大津PAで朝食を摂る予定です。(6:50)

菅平への到着はお昼ごろになる予定です。到着後、また更新しますのでご安心下さい。

先ほど無事菅平に到着しました!途中高速の分岐を間違えるなどのトラブルもややありましたが・・・

今は二本目の試合が行われています。後半は1年生中心の対戦が組まれるそうなので1年生の活躍が期待出来ます。

午後 ×横須賀高校(神奈川)

1本目  長崎北22(4T1G)−0横須賀
反則:長崎北4 横須賀6

〔1st. 長崎北12(2T1G) - 0横須賀〕
【山下1T1G,木原1T】
1.松川貴志 2.森岡 3.堤 4.平田 5.下山
6.久保田 7.松川太郎 G.高木 9.今村 10.山下
11.竹本 12.坂野 13.木原 14.川口貴之 15.徳永

〔2nd. 長崎北12(2T1G) - 0横須賀〕
【山下1T1G,木原1T】
1.松川貴志 2.森岡 3.堤→木下 4.平田 5.下山→河内
6.久保田→小原 7.松川太郎 G.高木 9.今村 10.山下
11.竹本 12.坂野 13.木原 14.川口貴之 15.徳永

2本目 長崎北40(6T5G)−5(1T)
反則:長崎北7 横須賀15

〔1st. 長崎北14(2T2G) - 0横須賀〕
【増田2T2G】
1.野瀬 2.浜口 3.木下 4.峰松 5.寺田 
6.西 7.奥島 8.若杉 9.海部 10.住屋
11.鈴木 12.川口皓平 13.増田 14.吉原 15.峰 

〔2nd. 長崎北26(4T3G) - 5(1T)横須賀〕
【住屋2T2G、川口1T、山戸1T1G】
1.野瀬 2.浜口 3.尾崎 4.市丸 5.佐藤 
6.渡辺 7.奥島 8.若杉 9.山戸 10.住屋
11.尾道 12.川口皓平 13.古賀 14.吉原 15.峰


 

 

 
 


8/10菅平合宿2日目
菅平へ到着・緒戦の相手は横須賀高校

  フェリーは朝5:30に大阪南港に到着しました。バスはこれから陸路で長野県菅平高原を目指します。途中滋賀県大津SAで朝食を摂り、名神高速から中央道を経て昼ごろ菅平入りしました。2・3年生は再びこの地に来たという感覚を、1年生は初めて訪れたラグビーの街のあちらこちらに立つゴールポストに驚いていたことと思います。

  菅平合宿での宿舎は毎年ホテルニューダボスに宿泊させて頂いています。前監督が大学時代宿泊していたという縁から、北高が菅平合宿を行うようになった7年前からお世話になっていると聞いております。

  宿舎に到着すると、25回生OGの大野美穂さんが既に到着していました。彼女はラグビー部の初代マネージャーと言われており、毎年選手たちの写真を撮って頂いては大量に(実に数百枚!)長崎まで送って頂いています。また、毎年卒業試合の際各選手の最高の一枚をパネルにして頂いています。今年も貴重なお休みを北高のために使ってくれています。本当に頭が下がるばかりです。

-----------------------------------------------

  緒戦の相手は神奈川県立横須賀高校です。神奈川有数の進学校で、小泉純一郎首相の出身校として有名です。去年は合同練習が組まれていましたが、台風10号の影響による大嵐と横須賀にもけが人多数だったという理由で中止されておりましたが、晴れて今年対戦の運びとなりました。
  坂本監督(横須賀)は長崎北高校の10回生で、ラグビー部OBです。後発のためこの日には間に合いませんでしたが久保田コーチの2つ先輩にあたります。
  試合は勝利こそしたものの、肝心所にミスが目立ちました。移動の疲れもあったかもしれませんが、気を引き締めて臨むべきだったと思います。トーナメントの緒戦の入りにも同じ事が言えます。頑張りましょう!

 

3日目 8/11

午前 安芸南(広島)/ニューダボスG

午後  正智深谷(埼玉)/ニューダボスG

 おはようございます。今日は全員朝6時20分からホテル横のグラウンドで軽く体を動かしました。その後朝食を摂り、この後10時から安芸南と試合を行います。

 今日は全員体も目覚めていいコンディションで試合に臨むことができるでしょう!いい試合を期待しています。

1本目  長崎北41−0安芸南

前半
1.松川貴志 2.森岡 3.木下 4.平田 5.下山
6.久保田 7.松川太郎 G.高木 9.今村 10.山下
11.竹本 12.坂野 13.木原 14.川口貴之 15.徳永

後半
1.松川貴志 2.森岡 3.木下 4.平田 5.河内
6.小原 7.松川太郎 G.高木 9.今村 10.山下
11.竹本 12.坂野 13.木原 14.増田 15.徳永

2本目 長崎北38−14安芸南

前半

1.寺田 2.浜口 3.尾崎 4.市丸 5.峰松 
6.西 7.奥島 8.若杉 9.海部 10.住屋 
11.西山 12.川口皓平 13.古賀 14.西山 15.峰

後半
1.野瀬 2.浜口 3.尾崎 4.佐藤 5.市丸 
6.渡辺 7.奥島 8.若杉 9.山戸 10.住屋 
11.鈴木 12.川口皓平 13.古賀 14.中島 15.増田


午後の相手は正智深谷高校です。

1本目  長崎北31−7正智深谷

前半

1.松川貴志 2.森岡 3.木下 4.平田 5.下山
6.久保田 7.松川太郎 G.高木 9.今村 10.山下
11.竹本→増田 12.坂野 13.木原 14.川口貴之 15.徳永

後半

1.松川貴志 2.森岡 3.木下 4.平田 5.下山
6.久保田 7.松川太郎 G.高木 9.今村 10.山下
11.竹本→増田 12.坂野 13.木原 14.川口貴之 15.徳永

2本目 長崎北59−10正智深谷

前半

1.寺田 2.浜口 3.野瀬 4.峰松 5.若杉 
6.西 7.奥島 8.河内 9.海部 10.住屋 
11.吉原 12.川口皓平 13.増田 14.西山 15.峰

後半

1.寺田 2.浜口 3.尾崎 4.市丸 5.佐藤 
6.西 7.渡辺 8.河内 9.山戸 10.住屋 
11.鈴木 12.川口皓平 13.古賀 14.中島 15.吉原

 081101.jpg (52068 バイト)  081102.jpg (46931 バイト)

081103.jpg (58281 バイト)  081104.jpg (51974 バイト)

081105.jpg (63644 バイト)  081106.jpg (32428 バイト)

081107.jpg (55643 バイト)  081108.jpg (71445 バイト)

081109.jpg (60104 バイト)  081110.jpg (57211 バイト)
 


8/11菅平合宿3日目
安芸南・正智深谷と対戦

  菅平合宿も3日目に入りました。午前の相手は安芸南高校(広島県)です。谷本監督は前監督の日体大での同級生で、新興校安芸南を率いて数度の花園出場を果たしています。宿泊先も同じで、この菅平での対戦は恒例行事へとなりつつあります。

  試合が始まると序盤から試合を支配したのは長崎北。開始1分WTB川口のトライで先制するとその後も松川太郎・高木のトライで突き放し最後は7トライを浴びせて勝利しました。しかし何よりもよかったのは試合を通しての反則が3つととても少なかったことでしょう。北高が目指すクリーンなラグビーです。

  ここ数年埼玉県のトンガ人留学生を擁する高校生チームが大きな注目を集めています。埼工大深谷高校は1999年大会で準優勝に輝くと、その後も安定して花園・全国選抜大会で上位に食い込む実績を上げています。2003年4月に正智深谷へと校名を変更し出場した選抜大会で他を寄せ付けず圧倒的な強さで優勝した事はいまだ記憶に新しい事です。

  昨年の対戦ではNO8ヴィヴィリを初めとする超強力FWを抑えて見事な勝利を抑えました。昨年の正智深谷の敗戦は菅平合宿と花園の僅か数試合、その中に長崎北との対戦も含まれていたのです。

  開始30秒ほどでしょうか。WTB竹本が脳しんとうで退場、逆ヘッドが原因でしょう。すぐに1年増田が投入されました。
  1本返して7−7の同点で折り返した後半、WTB増田が快走を見せ左すみにトライ。ここから増田の縦横無尽の活躍が光りました。惜しくもゴール直前でタッチを割るも50mほどの独走を見せ、インターセプトからの相手の独走にも逆サイドから戻りきりゴール直前で捕まえて反則を奪うなど攻守に渡り大健闘していました。
  試合は後半4トライを浴びせ31−7で勝利しました。チーム一丸となって戦った結果でしょう。ただ脳しんとうの竹本が少し気がかりです。退場した経緯を話してもさっぱり覚えていないようでした。もし今夜頭痛などを訴えるようであれば明日は休ませるかもしれません。

  2本目は昨年屈辱ともいえる大敗を正智深谷に喫しました。しかし今年は序盤から圧倒、CTB川口皓平(兄は37回生・昂記)の5トライを奪う縦横無尽の活躍が光り圧勝しました。反則が僅か1つという点でも大きな拍手を贈らなければなりません。

 

4日目 8/12

午前  釜石南(岩手)・草加(埼玉)/サニアパークA

午後  オフ

おはようございます。合宿も、もう中日に入りました。
今日も朝6:30より軽い調整練習を行いました。
あと、今日から久保田コーチ、樫山トレーナーが合流し、やっとスタッフが勢ぞろいしました。

今日の対戦相手は岡島監督率いる釜石南高校です。思えばもう5年前になりますがこのホームページができて間もないころBBSに岡島監督の書き込みがあり、それがきっかけになってここ菅平での対戦が実現しました。以来毎年菅平で試合が行われていますが、今年はもう5回目の対戦になります。普段ホームページをご覧になっている皆様はわかると思いますが、普段よく書き込みをして下さっているあの、「釜南 岡島」先生です。このあと9:30キックオフ予定です。幸運にもサニアパークのメインを使わせて頂くことになりました。

1本目  長崎北47−5釜石南

前半

1.松川貴志 2.森岡 3.木下 4.平田 5.下山
6.久保田 7.松川太郎 G.高木 9.今村 10.山下
11.増田→吉原 12.坂野 13.木原→増田
14.川口貴之→川口皓平 15.徳永

後半

1.松川貴志 2.森岡 3.木下 4.平田 5.小原
6.河内 7.松川太郎 G.高木 9.今村 10.山下
11.吉原→峰 12.坂野 13.増田 14.川口皓平 15.徳永

2本目  1ハーフずつ

前半 長崎北12−21釜石南
1.寺田 2.浜口 3.野瀬 4.峰松 5.市丸 
6.西 7.奥島 8.若杉 9.海部 10.住屋 
11.中島 12.川口皓平 13.古賀 14.西山 15.峰

後半 長崎北14−12草加
1.野瀬 2.浜口 3.尾崎 4.峰松 5.佐藤 
6.河内 7.渡辺 8.若杉 9.山戸 10.住屋 
11.中島 12.川口皓平 13.鈴木 14.西山 15.峰

それから、今年も日動火災ラグビー部の方々が応援に駆けつけてくれました。左から青井氏(22回生)、岡崎氏、内山氏です。

081201.jpg (68751 バイト)  081202.jpg (41162 バイト)

081203.jpg (45671 バイト)  081204.jpg (46326 バイト)

081205.jpg (57807 バイト)  081206.jpg (45718 バイト)
 

8/12菅平合宿4日目
スタッフが勢揃いするも、けが人が続出

  去年までは朝から山登りをしていたのですが、今年からは本多監督の提案で朝から軽く体を動かし、眼を覚ますことになりました。去年はるか下で死にそうな顔をして登ってきていた山路(38回生・現筑波大ラグビー部マネージャー)の顔が懐かしいものです。朝6時20分、グラウンドに到着すると久保田・樫山両コーチが待っていました。仕事の都合で初日からの帯同は叶わず昨晩長崎を出発して1200キロを激走、朝4時過ぎには着いてしまったらしいです。

  が・・・今日の一枚目の写真を見てもらえれば解ると思いますがせっかくスタッフが5人揃ったのに皆さん御立腹です。実に20名近くの部員が朝寝坊で朝の集合に遅刻してしまいました。僕が現役の頃だってもちろん起きられない部員もいましたし、ひと部屋全員起きれないなんてこともあります。けれど起きた部員がみんなの部屋を回り全員揃って来るものです。同じ部屋でも来ていた部員と寝坊した部員がいるなんてとんでもない話ですよ。本多先生も言ってましたがそういうところが試合に出るんです。明日からは気合入れて起きましょう!

  このHPを開設した2000年の3〜4月だったでしょうか。掲示板にとある書き込みがありました。それが釜石南(岩手)の岡島裕之監督からの書き込みでした。何でも8月の菅平遠征でぜひ試合をしてほしいとのこと。早速その年から対戦が始まり、今年で早5回目の対戦となりました。チームもここ数年岩手県の強豪に名を連ねるようになりましたが、花園常連の盛岡工業の壁をなかなか破ることが出来ません。この春の大会では北高の高総体の試合ビデオを皆で見て試合に臨んだら準々・準決勝と劇的な逆転勝ちで決勝に駒を進めたとのこと。最後まで戦い抜く北高魂が少しでもお役に立てたのかと思うと嬉しいものです。今年こそは悲願の花園の切符を勝ち取って下さい!!

  前日正智深谷戦で無念の負傷退場を喫したWTB竹本は大事を取って今日の起用は見送りました。そこで左ウィングには1年増田を起用、その増田が開始早々左展開からノーホイッスルトライを奪うと後は一方的な試合になりました。合計7トライを奪い勝利しましたがCTB木原が脳しんとう、WTB川口貴之が腰部の痛みを訴え負傷退場するなどけが人続きとなりました。そこでBK陣の負傷を受けCTBに1年川口皓平が初抜擢されると、後半11分には中央にトライを決めるなど攻守に渡り活躍していました。

  今年から埼玉県の草加高校が対戦リストに加わりました。日本代表松田努(東芝府中)の出身校です。けが人も多く、2本目と対戦してほしいとのこと。協議の末北高・釜南・草加の三つ巴による総当りで試合を行なうことになりました。草加高校戦では2トライを先制されるも終盤24分とロスタイムに立て続けにトライを奪い逆転しました。しかし何度もゴール前に攻め入るも肝心な所でミスを犯していたようです。その辺のほんの僅かな違いが1トライ差の勝負を分けるのです。みんながつないでくれたボールなのです。どんなにルールが変わり、道具が変わり、そしてチームが違ってもOne for all , All for oneの精神は永遠にラグビーならずとも集団競技の第一精神として語り継がれるべきだと感じました。

--------------------------------------------------

  午後は休養日です。菅平のラグビーショップや土産屋に買い物に行く部員もいるのですが、本多監督はあえて今朝寝坊した生徒をホテル横のグラウンドに集め、1時間程度基本練習とフィットネスを課しました。その中でチームワークの大事さ、日々の生活面からの自己管理を何度も説いていました。足を痛めて交替した選手が夜中外出して買い物に行くなどもっての他です。朝早くから練習があるのに夜中遅くまで起きていては寝坊もします。合宿中はたくさん食べてたくさんラグビーしてたくさん寝る、明日はちゃんと起きましょう!

 

5日目 8/13

午前  天理(奈良)/初音館G

午後  洛北(京都)/82番G


今年の全国選抜大会で見事優勝を飾った天理高校。去年はこの菅平のベストゲームとも言える内容で勝利しましたが、今年はほぼ完敗とも言える内容でした。

1本目  長崎北7−38天理
前半

1.松川貴志 2.森岡 3.堤 4.平田 5.下山
6.久保田 7.松川太郎 G.高木 9.今村 10.山下
11.竹本 12.坂野 13.増田
14.吉原 15.徳永
後半
1.松川貴志 2.森岡 3.堤 4.平田 5.下山
6.久保田 7.松川太郎 G.高木 9.今村 10.山下
11.竹本 12.坂野 13.増田
14.吉原→川口皓平 15.徳永

2本目も去年に引き続き空いて陣に深く攻め入ることもなく13トライを浴び完敗でした。

2本目 長崎北0−81天理

前半
1.寺田 2.浜口 3.木下 4.峰松 5.若杉 
6.西 7.小原 8.河内 9.海部 10.住屋 
11.鈴木 12.川口皓平 13.古賀 14.中島 15.峰
後半
1.野瀬 2.浜口 3.木下 4.峰松 5.市丸 
6.西 7.小原 8.河内 9.海部 10.住屋 
11.鈴木 12.川口皓平 13.古賀 14.中島 15.峰

続いて1ハーフ、1年生の試合が行われました。(ポジションの都合上HOは2年浜口)こちらは0−0でこのまま終了かと思われましたが、ロスタイムにCTB古賀の左スミへのトライで5−0で勝利しました。

1年生マッチ 長崎北5−0天理
1.野瀬 2.浜口 3.尾崎 4.佐藤 5.市丸 
6.奥島 7.渡辺 8.若杉 9.山戸 10.住屋 
11.尾道 12.鈴木 13.古賀 14.中島 15.竹本

午後は京都の洛北高校と試合です。

1本目  長崎北33−0洛北
前半

1.松川貴志 2.森岡 3.木下 4.平田 5.下山
6.久保田 7.松川太郎 G.高木 9.今村 10.山下
11.竹本 12.坂野 13.増田 14.吉原 15.徳永
後半
1.松川貴志 2.森岡 3.堤 4.平田 5.河内
6.小原 7.松川太郎 G.高木 9.今村 10.山下
11.竹本 12.坂野 13.増田 14.吉原→川口皓平 15.徳永

2本目(1ハーフ)長崎北14−0洛北
1.寺田 2.野瀬 3.尾崎 4.峰松 5.市丸 
6.西 7.渡辺 8.若杉 9.海部 10.住屋 
11.山戸 12.鈴木→川口皓平 13.古賀 14.奥島 15.中島

1年生(1ハーフ)長崎北33−7洛北
1.野瀬 2.笹田 3.尾崎 4.佐藤 5.市丸 
6.奥島 7.渡辺 8.若杉 9.山戸 10.住屋 
11.鈴木 12.川口皓平 13.古賀 14.尾道 15.中島

081301.jpg (50651 バイト)  081302.jpg (55459 バイト)

081303.jpg (44903 バイト)  081304.jpg (50653 バイト)

081305.jpg (53218 バイト)  081306.jpg (71147 バイト)

081307.jpg (57468 バイト)  081308.jpg (69250 バイト)
 

8/13菅平合宿5日目
天理に合宿唯一の敗戦を喫する

  奈良の強豪天理高校は実に6回もの花園制覇を誇る名門中の名門です。ラグビーに限らず野球、水泳、ホッケー、柔道などで全国にその名を知らしめています。奇しくもこの日は遠く甲子園球場で野球部の試合が行なわれていました。

  グラウンドに到着した選手・コーチ陣は驚きを隠せませんでした。今までの天理のイメージを大きく覆す大型FW・BKがそのグラウンドにいました。鍛え抜かれた彼らの体からは日々の鍛錬と真剣なラグビーへの取り組みがにじみ出ていたように感じます。

  開始1分ゴールライン残り10mに北高FWが迫る。しかしそこで無念のタッチ。ラインアウトから反撃に転じた天理はあっという間に地域を挽回、強力BKのワイド展開に3分、あっさりと先制トライを許す。その後何度も22m内側まで攻め入るもいとも簡単にカウンター攻撃でトライを重ねられていきました。前半終了間際1トライを返して7−19で折り返すも後半3トライを献上し大敗しました。彼らのラグビーに対する取り組み方の違いの実感したかもしれません。

  また、1年生チームによる対戦も組まれました。一進一退の攻防が続いていましたが、ロスタイムにCTB古賀が左隅に決勝トライを決め、5−0で勝利しました。
  CTB古賀彬史君はこの8月1日に北高に転入してきたばかりです。お父様が長崎に赴任されたということで長崎へ住まいを移し、見事転入試験に合格しラグビー部の一員となったと聞いております。試合デビューは2日目の横須賀二本目戦からでしたが、その優れたステップとタックルで非凡なラグビーセンスを表しています。掲示板にもお父様からの書き込みを頂きました。これからチームの核になれるよう努力して欲しいものです。
  北高は県外から選手を集めることはしません。古賀を除けば部員は皆市内の中学校の卒業生です。その1年生が全国のエリートが集う天理高校の1年生に競り勝ちました。いかに長崎県のジュニアラグビーが進んだものであるか実感しました。部員の中にも弟がラグビースクールで頑張っている者がいます。彼らが将来の長崎ラグビーを支える存在であることは間違いありません。

  午後の対戦相手洛北高校(京都)は文武両道を掲げる府内有数の進学校と聞いています。ラグビー部も長い歴史を誇り元日本代表坂田好弘氏(大阪体育大学教授)、同じく中村直人氏(サントリー)など著名プレーヤーを多数輩出する学校です。

  1年笹田恭平・吉田翔は出発前日の練習で脱水症状からの熱中症を併発し、入院するというトラブルがありました。笹田は今朝久保田・樫山コーチと一緒に陸路で到着するも、吉田は血液検査の結果自宅での安静が必要との判断が下り残念ながら長崎から応援となりました。熱中症予防の観点から選手には積極的給水を呼びかけています。熱中症は大変危険なものです。二度と繰り返してはなりません。

  その笹田が3ハーフ目の1年生試合に復活出場しました。元気が有り余っており果敢な突進やタックルを見せていました。

 

6日目 8/14

午前  報徳学園(兵庫)/プリンスG

午後  全新潟高校選抜/やまびこG

今日は7時から朝食を食べてすぐにプリンスホテルグラウンドに移動しました。朝9時という早い時間だったのですが、スムーズに移動その他を済ませる事ができました。
1本目に先立ち行われた2本目の試合では、前半早々から連続トライを奪われるも、後半終盤に見せたディフェンスは素晴らしく何とか一矢を報いました。

1本目は前半に先制を許すもその後は気迫のディフェンスで逆転し、勝利しました。

なぜか?グラウンドの横に馬が居ました。ときおり鳴き声を発してはギャラリー(選手も?)の目を釘付けにしていました。

1本目 長崎北33−10報徳学園
前半
1.松川貴志 2.森岡 3.堤 4.平田 5.下山
6.久保田 7.松川太郎 G.高木 9.今村 10.山下
11.竹本 12.坂野 13.木原 14.増田 15.徳永
後半
1.松川貴志 2.森岡 3.堤 4.平田 5.下山
6.久保田 7.松川太郎 G.高木 9.今村 10.山下
11.竹本 12.坂野 13.木原 14.増田 15.徳永

2本目 長崎北7−60報徳学園
前半
1.寺田 2.浜口 3.木下 4.峰松 5 若杉
6.西 7.小原 8.河内 9.海部 10.住屋 
11.吉原 12.川口皓平 13.古賀 14.西山 15.鈴木
後半
1.寺田 2.浜口 3.木下 4.峰松 5 若杉
6.西 7.小原 8.河内 9.海部 10.住屋 
11.吉原 12.川口皓平 13.古賀 14.中島 15.鈴木

3本目(1年生・1ハーフのみ)長崎北7−7報徳学園
1.野瀬 2.笹田 3.尾崎 4.市丸 5.佐藤 
6.奥島 7.渡辺 8.若杉 9.山戸→海部→住屋
10.住屋→増田→竹本 11.尾道 12.川口皓平
13.古賀 14.中島 15.鈴木

午後の試合は全新潟高校選抜との試合です。アップ中久保田・樫山コーチとマネズ数名は隣のグラウンドのストレッチの様子を真似してましたが・・・

1本目 長崎北36−0全新潟
前半
1.松川貴志 2.森岡 3.堤 4.平田 5.下山
6.久保田 7.松川太郎 G.高木→河内 9.今村 10.山下
11.竹本 12.坂野 13.木原 14.増田 15.徳永
後半
1.松川貴志 2.森岡 3.堤 4.平田 5.下山
6.久保田 7.松川太郎 G.高木→河内 9.今村 10.山下
11.竹本 12.坂野 13.木原 14.増田 15.徳永

2本目 長崎北10−12全新潟(2年生)
前半

1.寺田 2.笹田 3.尾崎 4.峰松 5 市丸
6.西 7.小原 8.若杉 9.海部 10.住屋 
11.西山 12.川口皓平 13.古賀 14.中島 15.鈴木
後半
1.野瀬 2.浜口 3.木下 4.佐藤 5 若杉
6.奥島 7.渡辺 8.河内 9.海部 10.住屋 
11.吉原 12.川口皓平 13.古賀 14.中島 15.鈴木

-----------------------
また、本日久保田、樫山両コーチが先に帰られるということで、明日に先立ち表彰式が行われました。

食診賞(食事診断において摂取カロリーが高かった者)
(ラグビーソックス)
松川太郎・松川貴志・小原草平・久保田英斗・鈴木亮介

残念賞(惜しくも出発直前に入院・帯同できなかったため)
(ラグビー道具一式) 吉田翔

中村コーチ賞
若杉一秀

樫山トレーナー賞
峰松崇

久保田コーチ賞
平田拓也

庸介広報コーチ賞(カンタベリー キーホルダー)
有川慧・宮崎奈保子・澤村香桜里・山下祐子

特別賞
野瀬竜平

MVP
(31回生浦田氏提供 サントリーゲームジャージ)
高木貴裕

081401.jpg (57066 バイト)  081402.jpg (54487 バイト)

081403.jpg (48489 バイト)  081404.jpg (57338 バイト)

081405.jpg (59944 バイト)  081406.jpg (54639 バイト)

081407.jpg (34438 バイト)  081408.jpg (28970 バイト)

081409.jpg (36384 バイト)  081410.jpg (21405 バイト)
 

8/14菅平合宿6日目
報徳学園・全新潟を打ち破り合宿全日程を終える

  兵庫県の報徳学園は花園常連としてラグビー界では誰もが知る高校です。進学実績でも国公立大、有名私立大へ多数の卒業生を送りだす名門校です。

  試合は運動量に勝るFWがBKに安定してボールを供給、BKが5トライを奪い勝利しました。脳しんとうで5日目の試合を欠場したCTB木原が復活トライを奪い、さらに恐れを知らない弾丸タックルでことごとく報徳BKを寸断していたのが印象的です。19日から行なわれる九州ブロック国体でも長崎県を背負って弾丸タックルを炸裂させて欲しいものです。

  昨年は大雨のため中止を余儀なくされた全新潟との対戦ですが、今年は好天に恵まれ対戦の機会が巡って来ました。1本目に先立って行なわれた2本目の対戦では、2年生による全新潟との対戦です。1年後の全新潟を見越して2年生による選抜チームを組むという強化方法は高校という枠を超えた大変興味深いものです。来年このチームが本国体への出場権を勝ち取るお役に立てれば大変嬉しいことです。

  笹田が左中間に先制トライを決めました。ここ数日のブランクを感じさせない気迫の篭った突進でした。しかし惜しくも1ゴールの差で敗れてしまいました。試合後2年河内がFWを集め涙を滲ませながら激しく叱咤している様子がありました。お前らは自分に限界を作っている、1本目に欠員が出たとき試合に出るのはお前達なんだと激しい口調で責め立てていました。確かに2本目は1年生が目立っています。点を取るのも1年生、チームを引っ張るのも1年生ではいけません。中学時代のキャリアがなんだ、俺のほうがこの北高で濃密な時間を1年間過ごしているんだと思って頑張らないといけません。

  OBの山口氏(25回生)が宿舎を訪ねてきて、そのお見送りに行ったときです。正面玄関に1年生FWが集まり楽しくラインアウトの練習をしていました。聞けば全員がサポーターもジャンパーもラインアウトのどこでもこなせるようになる、と言っていました。2本目は専門職ではなく、オールラウンダーでなければならないと、大変頼もしいことを言ってくれました。もちろんその場には熱心に1年生を指導する河内の姿がありました。昼間の言い方はちょっと厳しすぎたかもしれませんが、言っていることはまさにその通り。1本目も下からの突き上げがないと絶対にレベルアップは図れません。ここは俺しか出来ないからなんて思っていたらすぐ2本目にポジションを奪われてしまうよ。秋の花園予選、最高のメンバーで臨める様部員全員頑張りましょう!

 

7日目 8/15

ちょっと更新が遅くなりましたが・・・バスは今中央自動車道を進んでいます。先ほど駒ケ岳SAで昼食を済ませました。昨年はバスのトラブル等でぎりぎりフェリーに間に合いましたので、今年は余裕を持っての出発です。

バスはもう大阪に入りました。海部さん先導で大阪南港を目指しています。もう船に入るとPHSの電波も届かなくなるので更新できなくなりますが、長崎のみなさん、ちゃんと船には乗れそうですよ。明日九州道に乗り次第北高への到着時刻を掲載します。

081501.jpg (50835 バイト)
8日目 8/16

バスは朝8時に新門司港に到着、九州道を進んでいます。途中古賀SAにて休憩を挟み、北高への到着はお昼ごろになると思われます。

11時20分頃、無事バスは長崎北高に到着いたしました。多くの父母の皆さまのお出迎えありがとうございました。途中大きなけが人も病人も出ず(バスはわき腹を負傷したようですが・・・)大変収穫のある合宿だったと思います。これから遠征の総括をまとめたいと思います。

合宿期間中は大変多くのアクセスを頂き、楽しんでもらえたものと思います。これからの選手たちの励みとなると思いますのでぜひ掲示板にご感想を頂ければ幸いです。選手、マネズは長旅の疲れもあるでしょうがぜひリレー日記やマネ便りにご声援くださった方々への感謝の気持ちを書き込みましょう。

081601.jpg (46572 バイト)  081602.jpg (56716 バイト)

081604.jpg (51651 バイト)  081603.jpg (55782 バイト)
 

8/15・16菅平合宿最終日
無事長崎へ帰還・この合宿を振り返って

  最終日は朝7時30分に遅めの朝食を摂り、すぐに部屋の清掃とバスへの積み込みに入りました。ここで初日から選手の写真を山ほど撮っていただいていた大野美穂氏が帰られることになりました。卒業して10数年、マネージャー達の大先輩としてここまでチームのために貴重なお休みを割いてくれる方はいないでしょう。本当に感謝します。また来年もよろしくお願いします。遠く長崎より部員一同写真を楽しみにしております。

ちょうど昨晩から北高の試合が終わるのを待っていたかのように雨が降り出し、今朝も小雨がぱらつく空模様でした。10時前にニューダボスのおかみさん、社長の叔父さんにご挨拶を済ませ、一路帰路に着きました。幸い15日というお盆最終日にも関わらず途中大きな渋滞に巻き込まれることも無く午後6時前に大阪南港に到着しました。8時出航のフェリーでしたが、前日少しコーチ陣で検討された午前の練習をしていたら、もし途中甲子園の応援団などの渋滞に巻き込まれていたらと考えると出発当日はどれだけ時間に余裕を持っても分からないということを実感しました。

  船は初航行から僅か1年という豪華客船で、行きの船以上に快適な船旅を過ごさせて頂きました。とは言ってもコーチ陣は夜9時過ぎには眠りについてしまい生徒達の様子を知ることはできませんでした。まさか他の旅客に迷惑をかけてはいないでしょうが・・・

  九州に降り立つと湿気が肌にまとわりつくような暑さを感じました。菅平のきれいな空気とすばらしい眺めが懐かしくなったのを覚えています。通りなれた九州道はあっという間でした。長崎バイパスを降り立ち見慣れた昭和町の風景を目にしたとき長崎に帰ってきたと実感しました。

  11時20分ごろバスは無事に北高に到着しました。平日にも関わらず多数の保護者様のお出迎えありがとうございます。長旅の疲れもありますので、最後にバスの前で集合写真を一枚撮り、解散しました。僕のような暇人大学生とは違い早速明日から補習が始まるとのこと。ちゃんと勉強してはじめて思いっきりラグビーができるのです。また今回の合宿で食事の大切さを知ったはずです。岳博さんや樫山さんから冗談のようにご飯をつがれて困ったかもしれませんがみんな完食してくれました。食事診断で自分の食生活をよく理解できたと思います。

  花園予選まであと3ヶ月です。3ヶ月あれば体は変わります。しっかり食べて、しっかりウェイトして、もちろんしっかり勉強する。それが北高生の正しき姿です。もちろん食生活では保護者の方々の御協力が不可欠です。スタッフ・選手・マネージャー・そして保護者一丸となって最終目標の花園を目指しましょう!!